見なければよかった

お寺の参道を駐車場へと歩く途中で、
とても怖いものを見つけてしまいました。
参道からちょっと入った草地に立つ観音菩薩の石仏の足元に…

見なければよかった 見なければよかった 見なければ…
と思うような怖いものが 置かれていたのです。

それは半紙ほどの大きさの白い紙で
風に飛ばされないように四隅に小さな石が載せられていました。
私は
「どなたかが写経でもして 観音様にお供えしたのかしら?」
と思って、近寄って覗き込んでしまったのです。

お経ではありませんでした、
それどころか 「呪いの言葉」の羅列…
紙にペンでびっしりと横書きに文章が書かれていました。
達筆です。
ところどころ特定の言葉だけは大きい字で書かれ丸で囲んであります。
ついその囲まれた文字に目がいってしまうのですが
そこには「死」「殺」という文字を使った言葉が書かれていました。

後悔しましたよ。見なければよかった。
真っ黒の怨念のようなものが 読んだ私まで伝染しちゃったら怖い!

紙は汚れても破れてもいませんでしたので
それが置かれてから そう時間はたっていなかったのかもしれません。

怖くて怖くて、ちょっと先を歩いていていた主人にも言えませんでした。